Sabiia Seb
PortuguêsEspañolEnglish
Embrapa
        Busca avançada

Botão Atualizar


Botão Atualizar

Ordenar por: RelevânciaAutorTítuloAnoImprime registros no formato resumido
Registros recuperados: 14.869
Primeira ... 736737738739740741742743744 ... Última
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
トキソプラズマ感染に対する制御方法の開発に向けた血清学的調査とワクチン開発 OAK
Fereig, Ragab Makhlouf Mahmoud.
Doctoral Program in Animal and Food Hygiene, Graduate School of Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
Ano: 2017 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4416
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
バベシアマイクロティ感染に対する宿主免疫の解析と組換えワクチンの開発 OAK
Wang, Guanbo.
Doctoral Program in Animal and Food Hygiene, Graduate School of Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine 帯広畜産大学大学院畜産学研究科博士後期課程畜産衛生学専攻平成29年度博士学位論文
Ano: 2017 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4549
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
バベシア病の診断法と化学療法の開発に関する研究 OAK
Guswanto.
Doctoral Program in Animal and Food Hygiene, Graduate School of Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine 帯広畜産大学大学院畜産学研究科博士後期課程畜産衛生学専攻平成29年度博士学位論文
Ano: 2017 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4550
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
バルーン拡張カテーテルにより緩和的尿路確保を行った前立腺癌の犬の1症例 OAK
田川, 道人; 倉島, 千尋; 山本, 悠平; 新坊, 弦也; 元尾, 空志; 宮原, 和郎.
11歳7カ月齢のミニチュア・ダックスフンド、去勢オスが血尿を主訴に近医を受診した。対症療法が実施されたものの、排便痛と前立腺腫大が認められ、帯広畜産大学動物医療センターを紹介受診した。X線検査および超音波検査にて前立腺および内腸骨リンパ節を含む複数のリンパ節の腫大が確認され、前立腺尿道部の細胞診にて臨床的に前立腺癌と診断された。ミトキサントロン、ピロキシカム、リン酸トセラニブ等による内科治療を行ったが反応に乏しく、腫瘍浸潤による尿路閉塞が認められた。食道用バルーン拡張カテーテルを用いて緩和的バルーン拡張術を実施し、26日間自力排尿が可能となった。その後急速に転移が進行し、本学受診後第174病日に自宅にて斃死した。
Palavras-chave: ; 前立腺癌; バルーン拡張.
Ano: 2017 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4519
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
ホルスタイン種子牛にみられた肺動脈弁下型両大血管右室起始症の1症例 OAK
菊地, 智景; 下タ村, 圭市; 堀内, 雅之; 古林, 与志安; 猪熊, 壽.
肺炎を疑った2カ月齢のホルスタイン種子牛に全収縮期様の心雑音が聴取された。心音図解析の結果、心雑音は拡張期後半から収縮期前半にかけて連続するものであった。症例は心不全症状を呈することはなかったが、多血症が認められ、心超音波検査から心室中隔欠損と肺動脈拡張を伴う両大血管右室起始症と診断された。病理解剖により、本症例は動脈血と静脈血が混合しやすいとされる肺動脈弁下型両大血管右室起始症と確定診断された。本症例ではチアノーゼ等の心不全症状がみられなかったが、これは多血症により低酸素血症が代償されたこと、また肺動脈狭窄がなく適度な肺血流量が確保されたことによると考えられた。
Palavras-chave: 両大血管右室起始症; ホルスタイン種子牛; 多血症.
Ano: 2017 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4512
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
マダガスカルのアフリカ豚コレラ対策における農家行動とインセンティブの経済分析 OAK
Randrianantoandro, Tiana Navalona.
Ano: 2017 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4552
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
南部アフリカおよび中央アジアにおけるトリパノソーマ症およびピロプラズマ症の分子疫学調査 OAK
Musinguzi, Simon Peter.
Doctoral Program in Animal and Food Hygiene, Graduate School of Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
Ano: 2017 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4415
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
腹膜炎を伴う巨大な片側性水賢症を発症したホルスタイン種乳牛の1症例 OAK
藤沢, 哲郎; 高橋, 英二; 山村, 拓; 古岡, 秀文; 猪熊, 壽.
後産停滞で治療中の4歳5カ月齢のホルスタイン種乳牛雌で、直腸検査により大型腫瘤を触知した。超音波検査では大型腫瘤の内部に液体および線維素様構造物を確認し、穿刺により細胞と細菌を含む淡黄色混濁液が回収された。病理解剖により腫瘤は、高度に腫大(63×37×30cm、約40kg)した左腎であり、腎盂相当部位の著しい拡張と腎実質の菲薄化がみられたことより水腎症と診断した。左腎周囲は結合組織で覆われ、腹壁および腸管との癒着がみられた。さらに腹腔内には淡黄色の腹水が貯留し、第一胃、腹壁、横隔膜、大網は広範囲に癒着しており、腹膜炎と診断された。病理組織学的検索では、左腎の正常構造の消失と重度の線維化および細菌の集簇がみられた。細菌検査では、左腎臓よりEscherichia coli およびStreptococcus sp.が分離された。水腎症の一次的原因は明らかにできなかったが、何らかの原因で片側性水腎症が形成され、細菌感染が二次的に生じ、さらに拡張した腎臓の一部が破裂して内容物が腹腔に漏れ、腹膜炎が生じたと考えられた。
Palavras-chave: 片側性水腎症; 腹膜炎; Escherichia coli; Streptococcus sp.; ホルスタイン種乳牛.
Ano: 2017 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4393
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
超強力小麦「ゆめちから」等新規国産小麦粉の利用・加工 : 身近になった国産小麦粉のパン OAK
山内, 宏昭.
Ano: 2017 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4521
Registros recuperados: 14.869
Primeira ... 736737738739740741742743744 ... Última
 

Empresa Brasileira de Pesquisa Agropecuária - Embrapa
Todos os direitos reservados, conforme Lei n° 9.610
Política de Privacidade
Área restrita

Embrapa
Parque Estação Biológica - PqEB s/n°
Brasília, DF - Brasil - CEP 70770-901
Fone: (61) 3448-4433 - Fax: (61) 3448-4890 / 3448-4891 SAC: https://www.embrapa.br/fale-conosco

Valid HTML 4.01 Transitional