Sabiia Seb
PortuguêsEspañolEnglish
Embrapa
        Busca avançada

Botão Atualizar


Botão Atualizar

Ordenar por: RelevânciaAutorTítuloAnoImprime registros no formato resumido
Registros recuperados: 12.287
Primeira ... 607608609610611612613614615 ... Última
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
組織球肉腫罹患犬における免疫チェックポイント解析 OAK
田川, 道人; 高木, 哲; TAGAWA, Michihito.
Ano: 2016 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4326
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
胸椎椎体膿瘍により後躯麻痺を呈したホルスタイン種子牛の1症例 OAK
河野, 友美; 菊地, 智景; 鬼頭, 宗寛; 堀内, 雅之; 古林, 与志安; 山田, 一孝; 猪熊, 壽; HORIUCHI, Noriyuki; KOBAYASHI, Yoshiyasu; INOKUMA, Hisahi.
3カ月齢のホルスタイン種雌子牛が後躯麻痺、起立不能、努力性呼吸を呈した。デキサメサゾン投与により一時的に自力起立が可能になったが、後躯蹌踉は改善しなかった。神経学的検査により後肢の反射亢進が認められ、第3胸椎(T3)~第3腰椎(L3)の脊髄病変を疑った。X線検査およびCT検査によりT5‐T6の椎体変形および椎体膿瘍形成が認められたので、生前診断に至った。病理解剖により、この胸椎腫瘤は椎間円盤と椎体を侵襲し、脊椎管内に突出して脊髄を圧迫していた。また肺にも膿瘍形成が認められたが、細菌検査では細菌が分離されなかったため、椎体膿瘍、肺膿瘍の関連性は不明であった。
Palavras-chave: 子牛; X線検査; CT検査; 後躯麻痺; 椎体膿瘍.
Ano: 2016 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4391
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
膣内腫瘤の細胞診が臨床診断に有用であった黒毛和種繁殖牛の地方病性牛白血病の1症例 OAK
前澤, 誠希; 大戸, 千帆; 関塚, 次郎; 堀内, 雅之; 古林, 与志安; 猪熊, 壽; HORIUCHI, Noriyuki; KOBAYASHI, Yoshiyasu; INOKUMA, Hisashi.
Palavras-chave: 膣内腫瘤; 細胞診; 地方病性牛白血病.
Ano: 2016 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4259
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
貯留した乳牛糞尿からの硫化水素揮散制御 OAK
Andriamanohiarisoamanana, Fetra Jules.
Doctoral Program in Animal and Food Hygiene Graduate School of Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
Ano: 2016 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4402
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
韓国済州大学獣医学部における馬臨床教育ならびに韓国馬獣医師会の現状 OAK
佐々木, 直樹; 山田, 一孝.
Ano: 2016 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4320
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
黒毛和種および交雑種の胸最長筋における脂肪交雑形状が枝肉単価に与える影響 OAK
竹尾, 麻紗美; 阿佐, 玲奈; 萩谷, 功一; 口田, 圭吾.
新細かさ指数(NFI)を用いて脂肪交雑形状,特に細かい小ザシが枝肉単価に及ぼす影響を調査した.材料牛は2005年から2013年に屠畜された黒毛和種去勢牛(n=12,754)および交雑種去勢牛(n=4,620)である.各品種でBMS No.ごとにNFIの平均値を算出し,BMS No.ごとに0.5標準偏差を基準に3段階(小ザシが少ない,普通,多い)に分類し,それぞれの平均枝肉単価を求めた.その際,共励会入賞牛等は除いた.黒毛和種と交雑種のNFIの平均はそれぞれ76.8±10.7,61.7±10.2であり,黒毛和種の方が有意に高かった(P<0.01).各BMS No.において「小ザシが多い(+)」の平均枝肉単価がおおむね高く,+と-の平均枝肉単価の差は,黒毛和種で20円(BMS No. 10)から198円(BMS No. 2),交雑種で58円(BMS No. 6)から128円(BMS No. 4)の範囲であった.
Palavras-chave: 枝肉単価; 画像解析; 脂肪交雑形状; 新細かさ指数.
Ano: 2016 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4501
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
黒毛和種におけるサイコロ脂面積が枝肉格付形質,画像解析形質および枝肉単価に及ぼす影響 OAK
迫田, 康平; 前田, さくら; 阿佐, 玲奈; 萩谷, 功一; 口田, 圭吾.
本研究はサイコロ脂面積が枝肉格付形質,画像解析形質および枝肉単価に与える影響を調査することを目的とした.供試牛は,北海道内の枝肉市場に出荷された黒毛和種を用いた.サイコロ脂面積と枝肉格付形質との相関係数を性ごとに算出し,サイコロ脂面積が枝肉単価に与える影響を調査するため,牛脂肪交雑基準(BMS)ナンバーごとに分散分析を行った.サイコロ脂面積の平均値は,去勢は5.64cm2, メスは9.16cm2であり,その大きさには性差が認められた.サイコロ脂面積と枝肉重量およびばらの厚さとの性ごとの相関係数は,去勢でそれぞれ0.16,0.17,メスでそれぞれ0.27,0.26であり,増体に伴うサイコロ脂の入りやすさに性差が存在することが示唆された.サイコロ脂面積が12cm2を超えると枝肉単価は有意に低下し(P<0.05),サイコロ脂面積の増加が枝肉単価の低下に繋がった.
Palavras-chave: 枝肉単価; 画像解析; 黒毛和種; サイコロ脂.
Ano: 2016 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4500
Registros recuperados: 12.287
Primeira ... 607608609610611612613614615 ... Última
 

Empresa Brasileira de Pesquisa Agropecuária - Embrapa
Todos os direitos reservados, conforme Lei n° 9.610
Política de Privacidade
Área restrita

Embrapa
Parque Estação Biológica - PqEB s/n°
Brasília, DF - Brasil - CEP 70770-901
Fone: (61) 3448-4433 - Fax: (61) 3448-4890 / 3448-4891 SAC: https://www.embrapa.br/fale-conosco

Valid HTML 4.01 Transitional