Sabiia Seb
PortuguêsEspañolEnglish
Embrapa
        Busca avançada

Botão Atualizar


Botão Atualizar

Ordenar por: RelevânciaAutorTítuloAnoImprime registros no formato resumido
Registros recuperados: 4
Primeira ... 1 ... Última
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
CTとMRIのコントラストの違い : 断層画像の使い分けについて OAK
山田, 一孝; 上野, 博史; YAMADA, Kazutaka; UENO, Hiroshi.
http://www.jstage.jst.go.jp/article/dobutsurinshoigaku/12/1/12_27/_article/-char/ja/
Ano: 2003 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2926
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
ミシシッピーアカミミガメに対するCTの臨床応用 OAK
永田, 祥代; 山田, 一孝; 上野, 博史; 古林, 与志安; 佐藤, 基佳; NAGATA, Sachiyo; YAMADA, Kazutaka; UENO, Hiroshi; KOBAYASHI, Yoshiyasu; SATO, Motoyoshi.
カメの体幹部は甲羅に覆われているため、単純X線撮影では得られる情報が少ない。そこで今回、ミシシッピーアカミミガメに対するX線CTによる断層撮影検査の有用性について検討した。まず基礎的検討として、臨床的に健康な6匹を用い、軟部組織、肺および骨のCT値を計測し、その結果からそれぞれの組織の観察に適したウインドウを設定した。また、病理学的検索の結果、全ての個体において肝臓の脂肪変性が認められ、肝臓のCT値が低い個体ほど変性の程度が大きく、CT値の高い個体ほど変性の程度が小さかった。このことから、肝臓のCT値の差により脂肪変性の程度を診断することが可能であった。さらに、臨床例についてCT検査を実施したところ、それぞれ、消化管内異物、肺炎および卵塞の診断が可能であった。以上の成績より、ミシシッピーアカミミガメの臨床診断において従来の単純X線撮影では読影が困難であった体幹部軟部組織について、CTにより詳細な情報を得ることが可能であった。よって、カメの臨床診断にはCTによる断層画像診断の積極的な利用が望まれる。 In turtles,conventional radiographic techniques give little information on the interna1 organs because of the density of the shell. Therefore, computed tomography (CT) was attempted in six clinically normal red-eared sliders(Trachemys scripta elegans). The CT values were measured in soft tissues such as the...
Palavras-chave: CT; CT値; 脂肪変性; カメ; 単純X線; Computed tomography; CT value; Fatty metamorphosis; Turtle; X-ray.
Ano: 2001 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2928
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
乳牛と新生子牛の血中ビタミンB1、B2、B6およびB12濃度 OAK
佐藤, 基佳; 佐々木, 雄介; 望月, 均; 上野, 博史; 山田, 一孝; 大谷, 昌之; SATO, Motoyoshi; SASAKI, Yusuke; MOTIDUKI, Hitoshi; UENO, Hiroshi; YAMADA, Kazutaka; OTANI, Masayuki.
乳牛のビタミンB群製剤の適正な補給を目的に、健康牛(泌乳中期および乾乳期)と新生子牛のビタミンB1、B2、B6、B12の血中濃度を測定した。泌乳中期群(n=5)ではB1、B2、B6、B12の血中濃度は51.2±1.2ng/ml、92.1±3.9ng/ml、37.8±1.7ng/ml、220.2±16.3pg/ml、乾乳期群(n=4)では39.5±3.3ng/ml、75.2±4.6ng/ml、42.6±2.2ng/ml、406.8±48.1pg/mlで、泌乳中期群と比較してB1、B2で低値、B12で高値(p<0.05)を示した。新生子牛群(n=9)では、出生直後のビタミンB1、B2、B6、B12の血中濃度は47.0±3.6ng/ml、169.9±6.7ng/ml、4.1±0.2ng/ml、357.4±44.2pg/mlで、生後20日目では30.0±1.4ng/ml、130.9±6.4ng/ml、16.5±0.6ng/ml、230.4±13.9pg/mlを示し、ビタミンB6を除くビタミンB群の血中濃度は生後漸減した。  以上の成績から飼養状況および個体の状況により血中濃度が異なるため、適正な補給に当たっては対象牛のビタミンB群の血中濃度を把握し、今回の測定値を参考として適量の薬用量の決定が必要であると考えられた。Blood concentrations of the vitamin B complex (B1,B2,B6,and B12) were measured in healthy cows both during the lactation period and during the non-lactation period,and in calves from 1 to 20 days...
Palavras-chave: 乳牛; 予防; 治療; ビタミンB群; Dairy cattle; Prevention; Treatment; Vitamin B complex.
Ano: 2003 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2931
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
犬に対する脊髄造影手技が脊髄におよぼす影響についてウサギを用いた基礎的検討 OAK
山田, 一孝; 河合, ちひろ; 井芹, 俊恵; 岸本, 海織; 上野, 博史; 古林, 与志安; YAMADA, Kazutaka; KAWAI, Chihiro; ISERI, Toshie; KISHIMOTO, Miori; UENO, Hiroshi; KOBAYASHI, Yoshiyasu.
脊髄造影後の後遺障害発生のメカニズムについて、脊髄終末が犬より尾側に位置するウサギを用いて、行動観察、神経学的および病理組織学的に検討した。実験にはウサギ(n=12)を使用し、実験群は、(1)脊髄穿刺群、(2)生理的食塩水注入群、(3)等浸透圧ヨード造影剤イオジキサノール注入群、(4)低浸透圧ヨード造影剤イオヘキソール注入群とした。全身麻酔下で第5-6腰椎間より脊髄穿刺あるいは薬液を脊髄実質内に直接注入し、処置48時間後に行動観察および神経学的検査を、72時間後に病理組織学的検査を行うとともに、切片上での損傷面積率について評価した。神経学的検査では生理的食塩水注入群、イオジキサノール注入群およびイオヘキソール注入群で異常が認められた。また、穿刺部位の脊髄損傷面積率についても脊髄穿刺群と生理的食塩水注入群との間に明らかな差異が認められた。本研究の結果から、脊髄への薬液注入による組織の圧迫は、脊髄造影後の後遺障害を発生させる要因と考えられた。今後、脊髄造影を行う際には、脊髄針からの脳脊髄液の逆流を必ず確認し、造影剤の実質内注入を疑った場合には直ちに検査を中止することを提案する。なお、将来は獣医臨床における、より安全な脊髄造影手技の開発が望まれる。 The purpose of this experiment is to characterize the aftereffects of myelography of canine spinal cords using rabbits,since the distal end of the spinal cord of rabbits is more caudal than that of dogs. Twelve healthy New Zealand White...
Palavras-chave: 造影剤; 脊髄造影; ウサギ; 脊髄; Contrast agent; Myelography; Rabbit; Spinal cord.
Ano: 2003 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2930
Registros recuperados: 4
Primeira ... 1 ... Última
 

Empresa Brasileira de Pesquisa Agropecuária - Embrapa
Todos os direitos reservados, conforme Lei n° 9.610
Política de Privacidade
Área restrita

Embrapa
Parque Estação Biológica - PqEB s/n°
Brasília, DF - Brasil - CEP 70770-901
Fone: (61) 3448-4433 - Fax: (61) 3448-4890 / 3448-4891 SAC: https://www.embrapa.br/fale-conosco

Valid HTML 4.01 Transitional