Sabiia Seb
PortuguêsEspañolEnglish
Embrapa
        Busca avançada

Botão Atualizar


Botão Atualizar

Ordenar por: RelevânciaAutorTítuloAnoImprime registros no formato resumido
Registros recuperados: 1
Primeira ... 1 ... Última
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
景観構造を考慮したニホンジカによる水稲被害発生機構の解明とリスクマップの作成 OAK
高田, まゆら; 鈴木, 牧; 落合, 啓二; 浅田, 正彦; 宮下, 直; Takada, Mayura; Suzuki, Maki; Ochiai, Keiji; Asada, Masahiko; Miyashita, Tadashi.
シカによる水稲被害が深刻化している千葉県房総半島南部において、約 350 軒の稲作農家を対象とした聞き取りアンケート調査から、シカによる水稲被 害のレベルを定量化し、それをシカの局所密度と水田周辺の景観構造により説 明する統計モデルを構築した。その結果、被害レベルはシカ密度に加え、対象 水田から半径400m 以内の景観構造により影響を受けていることが明らかにな った。具体的には、水田周囲の森林率の増加に伴い被害は大きくなること、ま たシカの高密度地域では周辺景観の林縁長が長いと被害が軽減される傾向があ ることがわかった。この空間スケールは、既往研究から示された房総のシカの 行動圏や食物の質、妊娠率が決まる空間スケールとほぼ一致していた。次に統 計モデルを用いて被害が軽度に維持されるシカ密度をシカ分布域とその周辺を 含めた地域で推定し、水稲被害のリスクマップを作成したところ、被害が軽度 に維持されるシカ密度は地域の景観構造により大きく異なることがわかった。 異質な景観構造をもつ地域では、こうしたリスクマップと現在のシカ生息密度 とを比較し、短期的な捕獲目標個体数を局所レベルで定めることで、被害防除 努力をより効率的に配分することができるだろう。 The sika deer population (Cervus nippon) in the Boso Peninsula of Chiba, central Japan, has expanded dramatically in recent decades, causing serious damage to rice crops. To predict the level of damage, we conducted approximately 350...
Palavras-chave: アンケート調査; 大型草食獣; 空間スケール; 地理情報システム; 農業被害; Agricultural damage; Geographic information system; Interview survey; Large herbivore; Spatial scale.
Ano: 2010 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2885
Registros recuperados: 1
Primeira ... 1 ... Última
 

Empresa Brasileira de Pesquisa Agropecuária - Embrapa
Todos os direitos reservados, conforme Lei n° 9.610
Política de Privacidade
Área restrita

Embrapa
Parque Estação Biológica - PqEB s/n°
Brasília, DF - Brasil - CEP 70770-901
Fone: (61) 3448-4433 - Fax: (61) 3448-4890 / 3448-4891 SAC: https://www.embrapa.br/fale-conosco

Valid HTML 4.01 Transitional