Sabiia Seb
PortuguêsEspañolEnglish
Embrapa
        Busca avançada

Botão Atualizar


Botão Atualizar

Ordenar por: RelevânciaAutorTítuloAnoImprime registros no formato resumido
Registros recuperados: 5
Primeira ... 1 ... Última
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
心室腔の拡張を伴わない心筋症のホルスタイン種乳牛の1症例 OAK
松本, 高太郎; 渡邊, 謙一; 高橋, 英二; 古林, 与志安; 松井, 高峯; 猪熊, 壽.
分娩約3カ月後の2歳4カ月齢のホルスタイン種乳牛が食欲不振、頸静脈の著しい怒張、心音の分裂・混濁 を呈し、その後削痩、頸静脈拍動、下顎・胸垂の浮腫と病状が進行した。P波の増高、Ⅱ音の分裂、中心静脈 の怒張が認められたものの、心電図での低電位や超音波検査での心臓の形態異常、強い炎症象は認められず、 確定診断には至らなかった。病理解剖では、心筋の褪色、右心室壁の肥厚、心囊水の軽度増量が認められた。 病理組織学的には両心室壁および中隔で心筋線維の肥大・大小不同、空胞変性、および広範な間質の水腫・線 維化といった、牛の拡張型心筋症と同様の所見が認められた。肉眼所見では心室の拡張は認められなかったため、心室腔の拡張を伴わない心筋症と診断された。
Ano: 2010 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2916
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
糸球体にアミロイド沈着を認めたがネフローゼ様症状の発現がなかった腎不全の乳牛の1症例 OAK
青木, 大介; 秋場, 由美; 長濱, 光朗; 高橋, 英二; 古林, 与志安; 松井, 高峯; 石井, 三都夫; 猪熊, 壽.
食欲不振と乳房炎を主訴とする9歳8ヵ月齢のホルスタイン種乳牛で、重度の高窒素血症、蛋白尿(300mg/ dl) および、尿潜血を認め、糸球体の障害を伴う重度の腎不全と診断した。臨床的には低蛋白血症と浮腫を認め ず、また血清蛋白泳動像でもアミロイドネフローゼパターンがみられなかったため、生前にはアミロイドーシ スを含むネフローゼ様症候群の可能性を考慮しなかったが、病理学的検索では腎糸球体にアミロイド沈着が認 められた。
Ano: 2010 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2795
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
腹膜炎を伴う巨大な片側性水賢症を発症したホルスタイン種乳牛の1症例 OAK
藤沢, 哲郎; 高橋, 英二; 山村, 拓; 古岡, 秀文; 猪熊, 壽.
後産停滞で治療中の4歳5カ月齢のホルスタイン種乳牛雌で、直腸検査により大型腫瘤を触知した。超音波検査では大型腫瘤の内部に液体および線維素様構造物を確認し、穿刺により細胞と細菌を含む淡黄色混濁液が回収された。病理解剖により腫瘤は、高度に腫大(63×37×30cm、約40kg)した左腎であり、腎盂相当部位の著しい拡張と腎実質の菲薄化がみられたことより水腎症と診断した。左腎周囲は結合組織で覆われ、腹壁および腸管との癒着がみられた。さらに腹腔内には淡黄色の腹水が貯留し、第一胃、腹壁、横隔膜、大網は広範囲に癒着しており、腹膜炎と診断された。病理組織学的検索では、左腎の正常構造の消失と重度の線維化および細菌の集簇がみられた。細菌検査では、左腎臓よりEscherichia coli およびStreptococcus sp.が分離された。水腎症の一次的原因は明らかにできなかったが、何らかの原因で片側性水腎症が形成され、細菌感染が二次的に生じ、さらに拡張した腎臓の一部が破裂して内容物が腹腔に漏れ、腹膜炎が生じたと考えられた。
Palavras-chave: 片側性水腎症; 腹膜炎; Escherichia coli; Streptococcus sp.; ホルスタイン種乳牛.
Ano: 2017 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4393
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
若齢牛にみられたネフローゼ症候群様疾患の1症例 OAK
村田, 征周; 谷, 夏深; 大越, なつき; 林, 政治; 堀内, 雅之; 古林, 与志安; 古岡, 秀文; 松井, 高峯; 石井, 三都夫; 高橋, 英二; 猪熊, 壽.
10か月齢のホルスタイン種乳育成牛が肺炎の治療10日後に著明なネフローゼ型血清蛋白分画像を伴う低蛋白血症(3.9g/dl) を呈した。腎臓の腫大は認められなかったが、尿検査により重度の蛋白質の漏出および低比重尿を認めネフローゼ症候群を疑った。病理学的検査により糸球体と尿細管がともに障害された腎炎であることが明らかとなったが、その原因については特定できなかった。
Ano: 2009 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2782
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
重度雄性化を伴う褐毛和種フリーマーチン肥育牛にみられた腎後性腎不全の1例 OAK
吉本, 薫; 海老名, 千尋; 高橋, 英二; 古岡, 秀文; 松本, 高太郎; 松井, 基純; 三宅, 陽一; 猪熊, 壽; YOSHIMOTO, Kaoru; EBINA, Chihiro; TAKAHASHI, Eiji; FURUOKA, Hidefumi; MATSUMOTO, Kotaro; MATSUI, Motozumi; MIYAKE, Yo-ichi; INOKUMA, Hisashi.
排尿異常を認める21カ月齢の褐毛和種フリーマーチン肥育牛が,臨床的に水腎症および腎不全と診断された. 病理学的検査において,泌尿生殖器の重度雄性化,腎膿瘍および尿路結石が明らかとなった. 本症例は異常な尿道形態から尿路感染症と尿石症を継発し,最終的に腎後性腎不全に陥ったまれなフリーマーチン症例である. A Japanese Brown freemartin (21 months old) was clinically diagnosed with hydroneprosis and renal failure. A pathological examination revealed severe masculinization of the urogenital organs, pyonephritis and urolithiasis. These findings suggested that it was a rare case of a freemartin with a post-renal failure and morphological anomaly of the urinary tract,complicated by a bacterial infection and urolithiasis. 一一一Keywords :fr eemartin,po st-renal failure,se vere masculinization
Palavras-chave: フリーマーチン; 腎後性腎不全; 重度雄性化; Freemartin; Post-renal failure; Severe masculinization.
Ano: 2010 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2944
Registros recuperados: 5
Primeira ... 1 ... Última
 

Empresa Brasileira de Pesquisa Agropecuária - Embrapa
Todos os direitos reservados, conforme Lei n° 9.610
Política de Privacidade
Área restrita

Embrapa
Parque Estação Biológica - PqEB s/n°
Brasília, DF - Brasil - CEP 70770-901
Fone: (61) 3448-4433 - Fax: (61) 3448-4890 / 3448-4891 SAC: https://www.embrapa.br/fale-conosco

Valid HTML 4.01 Transitional