Sabiia Seb
PortuguêsEspañolEnglish
Embrapa
        Busca avançada

Botão Atualizar


Botão Atualizar

Ordenar por: RelevânciaAutorTítuloAnoImprime registros no formato resumido
Registros recuperados: 7
Primeira ... 1 ... Última
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
Radioactive Contamination of a Pig Raised at a Farm within 20 km of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant OAK
YAMADA, Kazutaka; YAMAGUCHI, Toshiro; SAWANO, Kaita; KISHIMOTO, Miori; FURUHAMA, Kazuhisa; 山田, 一孝; 山口, 敏朗; 澤野, 海太; 岸本, 海織; 古濱, 和久.
福島第一原子力発電所から20km圏内で飼育されていた交雑種豚が,事故17日後に清浄区域へ移動し,移動41日後に試料が採材された。Ge半導体検出器を用いて,バラ,モモ,ロース及び心臓のγ線スペクトルを測定したところ,放射性セシウムの存在が確認された。被検豚は移動前後ともに豚舎で飼育され,生涯汚染のない輸入飼料で飼養されていた。牛肉の放射能汚染の原因は汚染された稲藁と報道されているが,稲藁だけが汚染の原因ではない可能性がある。次世代のために,食の安全の観点から牛肉のみならず他の畜産物についても監視が必要である。
Palavras-chave: Caesium; Food safety; Fukushima; Pig; Pork; Radioactive contamination.
Ano: 2012 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3827
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
腫瘍の犬3症例に対するハタケシメジ抽出物の使用経験 : リンパ球数の変化について OAK
山田, 一孝; 喜澤, 香織; 丹羽, 理恵; 櫻井, 達也; 岸本, 海織; 清水, 純一郎; 室谷, 直義; 池水, 智博; 小嶋, 靖; YAMADA, Kazutaka; KIZAWA, Kaori; NIWA, Rie; SAKURAI, Tatsuya; KISHIMOTO, Miori; SHIMIZU, Junichiro; MUROYA, Naoyoshi; lKEMIZU, Tomohiro; KOJIMA, Yasushi.
腫瘍の犬3症例にハタケシメジ抽出物を投与し経過を観察した。肝腫瘍症例は投与開始から1カ月後に,直腸癌症例は9カ月後に死亡したが,脳腫瘍症例は23カ月経過した現在も生存している。ハタケシメジ抽出物の腫瘍に対する直接的な効果は不明であったが,3症例とも投与後に末梢血液中のリンパ球数が増加した。このことから,ハタケシメジ抽出物には犬の腫瘍症例の末梢リンパ球数を増加させる働きがある可能性が示唆された。 The clinical courses of three canine tumor cases were observed after administration of capsulated Hatakeshimeji extract (Lyophyllum decastes Sing.). The liver tumor case died one month after administration of the ectract,the rectal carcinoma case in nine months. but the brain tumor case is alive for 23 months. However it is unclear what directly effect the administration Hatakeshimeji has on a tumor,the number of lymphocytes increased after the administration of Hatakeshimeji in all thrεe cases. Therefore,it suggests that Hatakeshimeji plays a role in...
Palavras-chave: ; ハタケシメジ抽出物; リンパ球; Dog; Hatakeshimeji (Lyophyllum decastes Sing.); Lymphocyte.
Ano: 2007 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2927
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
畜産物の放射能汚染を防御するための飼養方法の開発ベントナイトのセシウム内部汚染抑制効果についてニワトリを用いた検討 OAK
山田, 一孝; 山口, 敏朗; 澤野, 海太; 陳, 忠正; 岸本, 海織; 川辺, 睦; 佐藤, 洋; 小濱, 和久.
Ano: 2014 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3883
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
Preliminary Experiment on the Suppression of Cesium Uptake into the Organs by Bentonite Using a Stable Isotope of Cesium in Calves OAK
山田, 一孝; 山口, 敏朗; 陳, 忠正; 稲沢, 直生実; 石井, 三都夫; 佐々木, 基樹; 木田, 克弥; 岸本, 海織; 古濱, 和久; YAMADA, Kazutaka; ISHII, Mitsuo; SASAKI, Naoki; KIDA, Katsuya.
ベントナイトのセシウム体内移行抑制効果について調べた。実験には,ホルスタイン種子牛6頭を使用し,28日の実験期間中,全頭に安定同位体の塩化セシウム(3.0mg/kg/day)を人工乳に溶解し,投与した。塩化セシウムに加えベントナイト0.5w/v%を人工乳に懸濁した投与群(n=3)と塩化セシウムのみの対照群(n=3)の2群を設定した。実験開始0,1,2,3,7,14,21および28日目に採血,28日目に骨格筋,心臓,肝臓,腎臓および糞便を採材し,ICP-MS (inductively coupled plasma mass spectrometry) によるセシウム濃度を測定した。臓器中のセシウム濃度からベントナイトの効果は明らかではなかったが,血球中セシウム濃度平均値は投与後14日まで投与群が対照群よりも低値を示した。このことから,ベントナイトによるセシウム体内移行抑制効果の可能性が示唆された。
Palavras-chave: ベントナイト; 子牛; 塩化セシウム.
Ano: 2013 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3898
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
犬に対する脊髄造影手技が脊髄におよぼす影響についてウサギを用いた基礎的検討 OAK
山田, 一孝; 河合, ちひろ; 井芹, 俊恵; 岸本, 海織; 上野, 博史; 古林, 与志安; YAMADA, Kazutaka; KAWAI, Chihiro; ISERI, Toshie; KISHIMOTO, Miori; UENO, Hiroshi; KOBAYASHI, Yoshiyasu.
脊髄造影後の後遺障害発生のメカニズムについて、脊髄終末が犬より尾側に位置するウサギを用いて、行動観察、神経学的および病理組織学的に検討した。実験にはウサギ(n=12)を使用し、実験群は、(1)脊髄穿刺群、(2)生理的食塩水注入群、(3)等浸透圧ヨード造影剤イオジキサノール注入群、(4)低浸透圧ヨード造影剤イオヘキソール注入群とした。全身麻酔下で第5-6腰椎間より脊髄穿刺あるいは薬液を脊髄実質内に直接注入し、処置48時間後に行動観察および神経学的検査を、72時間後に病理組織学的検査を行うとともに、切片上での損傷面積率について評価した。神経学的検査では生理的食塩水注入群、イオジキサノール注入群およびイオヘキソール注入群で異常が認められた。また、穿刺部位の脊髄損傷面積率についても脊髄穿刺群と生理的食塩水注入群との間に明らかな差異が認められた。本研究の結果から、脊髄への薬液注入による組織の圧迫は、脊髄造影後の後遺障害を発生させる要因と考えられた。今後、脊髄造影を行う際には、脊髄針からの脳脊髄液の逆流を必ず確認し、造影剤の実質内注入を疑った場合には直ちに検査を中止することを提案する。なお、将来は獣医臨床における、より安全な脊髄造影手技の開発が望まれる。 The purpose of this experiment is to characterize the aftereffects of myelography of canine spinal cords using rabbits,since the distal end of the spinal cord of rabbits is more caudal than that of dogs. Twelve healthy New Zealand White...
Palavras-chave: 造影剤; 脊髄造影; ウサギ; 脊髄; Contrast agent; Myelography; Rabbit; Spinal cord.
Ano: 2003 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2930
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
ポータブルX線撮影装置を用いた牛の Computed Radiography 画像化因子が画質に与える影響 OAK
岸本, 海織; 住谷, 峻; 李, 奇子; 清水, 純一郎; 山川, 和宏; 滄木, 孝弘; 羽田, 真悟; 松本, 高太郎; 石井, 三都夫; 佐々木, 直樹; 猪熊, 壽; 山田, 一孝; KISHIMOTO, Miori; SUMIYA, Takashi; LEE, Ki-Ja; SHIMIZU, Junichiro; YAMAKAWA, Kazuhiro; AOKI, Takahiro; HANEDA, Shingo; MATSUMOTO, Kotaro; ISHII, Mitsuo; SASAKI, Naoki; INOKUMA, Hisashi; YAMADA, Kazutaka.
牛臨床におけるComputed Radiography (CR) の有用性を確立するため,管球-カセッテ間距離およびImaging Plate (IP) の読み取り時間が画質に与える影響について検討した.管球-カセッテ間距離は画質の視覚的スコア(粒状性,鮮鋭性)に影響しなかった. IPの読み取り時間は画質の鮮鋭性と相関しなかったが,粒状性と相関が認められた.しかし読み取り時聞が12時間以内の場合には問題にならない程度であると考えられた.管球-力セッテ間距離を再現よく保つことが難しく, IP読み取り時間のばらつきが想定される牛の臨床画像診断においてCRは有用なX線撮影システムであると考えられた. The purpose of this study was to investigate the effect of X-ray tube-cassette distance and image scanning time on image quality to establish the benefit of Computed Radiography (CR) in bovine clinical practice. The tube-cassette distance had no effect on the visual evaluation score (graininess and sharpness). The image scanning time correlated with graininess but not sharpness. From these results,it was concluded that accidental variations in the tube-cassette...
Palavras-chave: ; Computed Radiography (CR); フェーデイング; Imaging Plate (IP); ポータブルX線発生装置; Bovine; Computed Radiography (CR); Fading; Imaging Plate (lP); Portable x-ray generator.
Ano: 2010 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2939
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
ハタケシメジ抽出物によるカルボプラチン投与後の白血球数減少抑制作用についての基礎的研究 OAK
清水, 純一郎; 持田, 恭平; 岸本, 海織; 李, 奇子; 池水, 智博; 室谷, 直義; 小嶋, 靖; 山田, 一孝; SHIMIZU, Junichiro; MOCHIDA, Kyohei; KISHIMOTO, Miori; LEE, Ki-Ja; IKEMIZU, Tomohiro; MUROYA, Naoyoshi; KOJIMA, Yasushi; YAMADA, Kazutaka.
ハタケシメジ抽出物の白血球数調節作用を調べる目的でハタケシメジ抽出物を経口投与し,カルボプラチン投与後の骨髄抑制作用の違いを5週間にわたる経時的な血液検査により検討した。その結果,総白血球数および好中球数においてハタケシメジ抽出物投与群がプラセボ投与群に対して有意に高値を示した。このことより,カルボプラチンによる骨髄抑制に対して,ハタケシメジ抽出物が白血球数減少抑制作用を有することが確認された。 In order to elucidate the suppressive effect of Hatakeshimeji (Lyophyllum decastes Sing.) extract on leukocytopenia,the degree of carboplatin-induced myelosuppression was compared between two groups of dogs; each group was daily given Hatakeshimeji extract or only its placebo for 5 weeks,and on day 7, carboplatin,an anticancer agent,was given intravenously to all dogs. Hematological analyses revealed that the nunbers of leukocytes and neutrophils were both significantly higher in the group given Hatakeshimeji extract than in the placebo group. This indicated...
Palavras-chave: カルボプラチン; ; ハタケシメジ抽出物; Carboplatin; Dog; Hatakeshimeji extract.
Ano: 2008 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2929
Registros recuperados: 7
Primeira ... 1 ... Última
 

Empresa Brasileira de Pesquisa Agropecuária - Embrapa
Todos os direitos reservados, conforme Lei n° 9.610
Política de Privacidade
Área restrita

Embrapa
Parque Estação Biológica - PqEB s/n°
Brasília, DF - Brasil - CEP 70770-901
Fone: (61) 3448-4433 - Fax: (61) 3448-4890 / 3448-4891 SAC: https://www.embrapa.br/fale-conosco

Valid HTML 4.01 Transitional