Sabiia Seb
PortuguêsEspañolEnglish
Embrapa
        Busca avançada

Botão Atualizar


Botão Atualizar

Ordenar por: RelevânciaAutorTítuloAnoImprime registros no formato resumido
Registros recuperados: 9
Primeira ... 1 ... Última
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
11カ月齢の乳用育成午における腹腔内の巨大な膿瘍形成を伴った臍帯炎の1症例 OAK
真方, 文絵; 渡辺, 謙一; 下田, 崇; 古林, 与志安; 松井, 高峯; 石井, 三都夫; 猪熊, 壽.
11カ月齢のホルスタイン種乳牛が重度の発育不良を呈し、臍の腫脹が見られた。臨床症状および血液検査所 見より臍帯炎を疑った。超音波検査および穿刺により、臍の腫脹部と膀胱の腹側においてそれぞれ直径10cmお よび5Cmの膿瘍の存在を確認した。病理解剖により臍部、臍静脈、臍動脈および尿膜管相当部に膿瘍が認めら れ、中でも臍静脈相当部の膿瘍は50X40X15cmと巨大であった。育成期に発育不良を伴う症例では、慢性化し た臍帯炎も考慮する必要が考えられた。
Ano: 2011 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2934
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
Three Cases of Atypical Bovine Leukosis in Holstein Cows OAK
田川, 道人; 下田, 崇; 富樫, 義彦; 渡辺, 由紀; 古林, 与志安; 古岡, 秀文; 石井, 三都夫; 猪熊, 壽; KOBAYASHI, Yoshiyasu; FURUOKA, Hidefumi; ISHII, Mitsuo; INOKUMA, Hisashi.
体表リンパ節の腫脹, 末梢血中における異型リンパ球出現を伴うリンパ球数の著増などの典型的な牛白血病症状を示していなかったことから, それぞれアミロイドーシス, 胸膜炎, 心疾患が疑われた3頭のホルスタイン種乳雌牛を病理解剖したところ, いずれも牛白血病と診断された. 血液検査および身体検査において著変が観察されない場合でも, 難診断時には鑑別診断リストに牛白血病を加えるべきであると考えられた.
Palavras-chave: 非典型的牛白血病; 鑑別診断.
Ano: 2008 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4005
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
ホルスタイン乳牛にみられた血様心嚢水貯留の1症例 OAK
松山, 雄喜; 村上, 智亮; 下田, 崇; 古林, 与志安; 猪熊, 壽.
食欲不振を呈した2歳8カ月齢ホルスタイン雌乳牛に頻脈、頚静脈怒張および胸垂冷性浮腫が出現した。心臓超音波検査における心嚢水貯留所見とフィブリンの付着、および血液検査における慢性炎症像より心膜炎が疑われた。病理解剖の結果、著しく拡張した心嚢には血様心嚢水が多量に貯留していた。
Ano: 2011 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3542
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
分娩後5カ月以上経過して症状を発現した心室中隔欠損(VSD) の乳午の2例 OAK
青木, 大介; 滄木, 孝弘; 下田, 崇; 富樫, 義彦; 風間, 武彦; 吉林台; 宮原, 和郎; 古林, 与志安; 古岡, 秀文; 松井, 高峯; 佐々木, 直樹; 石井, 三都夫; 猪熊, 壽.
分娩後5か月経過している2歳8カ月齢(症例1)および分娩後6か月経過している3歳0カ月齢(症例2) ホルスタイン種雌乳牛が、食欲不振、泌乳量減少、頻拍、心雑音、頚静脈怒張~拍動等の症状を呈し、循環器の疾患が疑われた。症例lでは心臓超音波検査によりまた症例2では病理検査にて心室中隔欠損が確認された。痩削、頚静脈拍動、頻脈などの循環器症状に加えて、心雑音の聴取をみた場合は、分娩後数カ月を経過した成牛であっても、心内膜炎のほかに心奇形も考慮し、診断には超音波検査を行うことが有効と考えられた。
Ano: 2008 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2770
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
右心房内に血栓を認めた後大静脈血栓症の育成牛の1 例 OAK
猪熊, 壽; 吉林台; 下田, 崇; 富樫, 義彦; 古林, 与志安; 古岡, 秀文; 佐藤, 基佳; 石井, 三都夫; INOKUMA, Hisashi; Jilintai; SHIMODA, Takashi; TOGASHl, Yoshihiko; KOBAYASHl, Yoshiyasu; FURUOKA, Hidefumi; SATHO, Motoyoshi; ISHI, Mitsuo.
1 歳10 カ月のホルスタイン種育成雌牛が,初診時食欲不振,削痩,チアノーゼ,肺音粗励,発咳等の症状を呈した. さらに第14病日には頻脈,頸静脈拍動等の循環器症状が認められた.血液および血液生化学検査により慢性炎症像が, また心エコー検査により右心房内に三尖弁と付着しない高エコー占拠性病変が観察された.本症例は病理解剖により後 大静脈血栓症と診断されたが,血栓が心臓内において描出されたまれな症例と思われた. A 22-month-old,Holstein heifer was presented with anorexia,emaciation,cyanosis,rough vesicular breathing, and coughing on the first day. On day 14, cardiovascular symptoms such as tachycardia and jugular vein pulsation were found. A blood and blood biochemical examination revealed chronic inflammation. High echogenic obstruction without any attachment to the tricuspid valve was observed in the right atrium by echocardiograph. Pathological findings confirmed a diagnosis of caudal vena cava thrombosis. It was believed to be a rare case with thrombus in the...
Palavras-chave: 後大静脈血栓症; 心エコー検査; Caudal vena cava thrombosis; Echocardiography.
Ano: 2009 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2805
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
完全大血管転位が認められたホルスタイン種牛の1症例 OAK
佐々木, 広美; 下田, 崇; 古林, 与志安; 猪熊, 壽; KOBAYASHI, Yoshiyasu; INOKUMA, Hisashi.
Palavras-chave: 完全大血管転位; 心室中隔欠損; ホルスタイン種.
Ano: 2016 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4338
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
後肢麻痺を伴う起立不能を呈した乳用子牛の化膿性股関節炎の1症例 OAK
松田, 浩典; 下田, 崇; 山田, 一孝; 古岡, 秀文; 松本, 高太郎; 石井, 三都夫; 猪熊, 壽.
1カ月齢のホルスタイン種乳牛雌が発熱、呼吸速拍、右後肢の跛行を呈した。第8病日には後肢の麻痺を認 め自力で起立不能となったが、第10病日には後肢の麻痺は回復し起立可能となり、その際右股関節周囲に膿瘍 が認められた。また、第16病日に実施したCT検査では、右寛骨臼および大腿骨頭に重度の骨破壊像と右股関 節周囲にガスを含む膿瘍が認められた。病理学的検索の結果、右股関節包と右臍動脈における膿汁貯留および 肺膿瘍を認め、これらの病変部から共通してArcanobacterium pyogenesが分離された。本症例は臍帯感染から 化膿性股関節炎を継発し、生じた右股関節周囲膿瘍による神経圧迫により一過性の後肢麻痺を伴う起立不能を 呈したと考えられた。
Ano: 2010 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2800
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
脊柱管内膿瘍により後駆麻痺を呈したホルスタイン育成牛の1症例 OAK
竹内, 俊彦; 寒川, 彰久; 下タ村, 圭市; 下田, 崇; 古林, 与志安; 松本, 高太郎; 猪熊, 壽; KOBAYASHI, Yoshiyasu; MATSUMOTO, Kotaro; INOKUMA, Hisashi.
Ano: 2012 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4102
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
腹腔内に形成され腫瘍組織の脊柱管内直接浸潤により後躯麻痺を呈した牛白血病の1 例 OAK
松山, 雄喜; 神尾, 恭平; 村上, 智亮; 下田, 崇; 古林, 与志安; 古岡, 秀文; 松本, 高太郎; 猪熊, 壽; MATSUYAMA, Yuuki; KAMIO, Kyouhei; MURAKAMI, Tomoaki; SHIMODA, Takashi; KOBAYASHI, Yoshiyasu; FURUOKA, Hidefumi; MATSUMOTO, Kohtaro; INOKUMA, Hisashi.
5 歳6 カ月齢ホルスタイン種乳牛が,後躯麻痺による起立不能を呈した.浅頸リンパ節の腫大と直腸検査による腫瘤 の触知から牛白血病を疑ったが,血液検査とリンパ節の針吸引生検では確定診断できなかった.剖検では,60 × 40 × 20cm 大の多結節性腫瘤が背側の腹腔壁に接して存在していた.腫瘍組織は腸腰筋に浸潤し,一部は第5 および第6 腰 椎椎間孔より脊柱管内に連続的に波及し,脊髄および脊髄神経根を圧迫していた.腫瘍はCD3 陽性のT細胞性リンパ 腫で,牛白血病ウイルス抗体陰性であったため,散発型牛白血病と診断された. A Holstein cow (5 years and 3 months old) presented with hind limb paresis and was unable to stand. Bovine leukosis was suspected given the enlargement of cervical lymph nodes and existence of an abdominal mass detected by rectal palpation; however,it could not be confirmed by blood examination and fine needle aspiration of cervical lymph nodes. Pathological examination revealed a mu1tinodular mass (60 x 40 x 20 cm) on the dorsal abdomen that was invasive into the iliopsoas muscle. A portion of the...
Palavras-chave: 牛白血病; 脊髄浸潤; 後躯麻痺; Bovine leukosis; Spinal cord invasion; Hind limb paresis.
Ano: 2009 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2809
Registros recuperados: 9
Primeira ... 1 ... Última
 

Empresa Brasileira de Pesquisa Agropecuária - Embrapa
Todos os direitos reservados, conforme Lei n° 9.610
Política de Privacidade
Área restrita

Embrapa
Parque Estação Biológica - PqEB s/n°
Brasília, DF - Brasil - CEP 70770-901
Fone: (61) 3448-4433 - Fax: (61) 3448-4890 / 3448-4891 SAC: https://www.embrapa.br/fale-conosco

Valid HTML 4.01 Transitional