Sabiia Seb
PortuguêsEspañolEnglish
Embrapa
        Busca avançada

Botão Atualizar


Botão Atualizar

Ordenar por: RelevânciaAutorTítuloAnoImprime registros no formato resumido
Registros recuperados: 11
Primeira ... 1 ... Última
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
Application of pine sap essential oil improves the yield of summer spinach OAK
秋本, 正博; 森, 睦; 徳橋, 和也; 本多, 博一; AKIMOTO, Masahiro; MORI, Mutsumi; TOKUHASHI, Kazuya; HONDA, Hirokazu.
マツ科樹木の樹液精油の施用が、夏ホウレンソウの収量や食味の改善に有効であるかを検証した。試験は2013 年に帯広畜産大学実験圃場内のビニルハウスにおいて行った。ハウス内の土壌を3 分画し、それぞれに樹液精油を10a あたり0kg(0kg 区)、1.5kg(1.5kg 区)、3.0kg(3.0kg 区) 施用した。ホウレンソウ品種「ジョーカーセブン」を育苗し、8月2 日に畝間25cm、株間10cm で1 点2 株になるようそれぞれの区に移植した。移植後の各区の苗をさらに3 分画し、それぞれに400ppm の樹液精油を毎週葉面散布する( 多散布)、隔週散布する( 少散布)、散布しない( 無散布) という葉面散布処理を施した。移植31 日後にホウレンソウを収穫し、1 点あたりの収量を計測した。分散分析の結果、収量に対する土壌施用、葉面散布施用、およびそれらの相互作用の全ての効果が認められた。土壌施用の効果については、1.5kg/10a 量以上の樹液精油を施用することによって、無施用の場合よりも収量が高くなることが示された。葉面散布施用の効果については、400ppm 濃度の樹液精油を7 日おきに葉面散布することで、無散布の場合よりも収量が高くなることが示された。土壌施用と葉面散布施用の組み合わせで最も収量が高かったのは、1.5kg/10a -多散布の組み合わせで、生重量は42.2g と樹液精油を全く施用しなかった0kg 区-無散布の28.3g に比べ約5...
Palavras-chave: 夏ホウレンソウ; マツ科樹木; 樹液精油; 土壌施用; 葉面散布.
Ano: 2015 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4196
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
Basic study for the appropriate cultivation method of groundnut (Arachis hypogaea L.) in Tokachi region. OAK
秋本, 正博; 中田, 翔子; 熊田, 総佳; 逵本, 秀久; 小林, 規人; 平等, 聡; 田中, 一郎.
十勝地方におけるラッカセイ生産の可能性を模索するため、帯広畜産大学実験圃場でラッカセイ品種「千葉半立」、「ナカテユタカ」、および「おおまさり」の栽培を行った。栽植方法(直播、あるいは移植)、および栽植密度(標準植:5.1 株/ ㎡、あるいは密植:7.7 株/ ㎡)の組合せによる4 試験区を設け、2016 年5 月23 日にそれぞれの品種の栽培を開始した。茎葉の黄変期に収穫を行い、収量構成要素や子実収量の評価を行った。千葉半立とナカテユタカでは、子実収量に対する栽植方法と栽植密度の効果が認められた。両品種とも移植を行った試験区で直播を行った試験区に比べ収量が高かった。これは、移植を行うことで単位面積当たりの稔実粒数が増加することに起因する。また、両品種とも密植を行った試験区で標準植を行った試験区に比べ収量が高かった。千葉半立は半立ち性、ナカテユタカは立性の草型をもつため光競合を起こしにくく、十勝地方で栽培する場合には都府県の慣行法よりも栽植密度を高めることで土地利用効率が高まり、子実収量が改善されると考えられる。おおまさりでは、子実収量に対して栽植方法の効果のみが認められた。移植を行うことで直播を行った場合に比べ総稔実粒数や1000 粒重が高まり、子実収量が増加した。一方、おおまさりでは子実収量に対する栽植密度の効果が認められなかった。おおまさりは伏性の草型を持つため光競合が起こりやすく、十勝地方においても密植条件下では密度障害が生じ増収につながらないと考えられる。千葉半立とナカテユタカでは、移植・密植の処理組合せによる試験区で、おおまさりでは、移植・標準植、および移植・密植の処理組合せによる試験区でそれぞれ最も子実収量が高く、いずれも子実収量の全国平均(180g/...
Palavras-chave: ラッカセイ; 直播; 移植; 栽植密度; 十勝地方; Groundnut; Direct seeding; Transplanting; Plant density; Tokachi region.
Ano: 2017 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4557
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
Effects of Cutting and Grazing on Vegetation and Productivity of Shrub-steppe in the Loess Plateau, North-west China OAK
Hongo, Akio; Cheng, Jimin; Ichizen, Nobumasa; Toukura, Yuji; Devee, Enkhee; Akimoto, Masahiro; 本江, 昭夫; 程, 積民; 一前, 宣正; 藤倉, 雄司; デビィ, エンク; 秋本, 正博.
The Loess Plateau, situated in north-west China, has been subjected to degradation of vegetation owing to overgrazing. In order to clarify the effects of grazing and cutting on vegetation and productivity of shrub-steppe, the study was carried out from May in 1989 to October in 1991 in the Pastoral Preserving Zone of Yunwu Mountain. The vegetation was monthly surveyed, and DM weights of dominant species were separately measured. Soil samples were taken at three selected sites and one overgrazed site and these chemical analysis were made. Relative abundance of species was calculated on the base of the total frequency of 7835. Gramineae showed the highest value (26 %), followed by Compositae (24 %) and Leguminosae (12 %). During 3 experimental years, the...
Palavras-chave: Loess Plateau; Overgrazing; Rehabilitation; Shrub-steppe and Stipa; 黄土高原; 過放牧; リハビリ; かん木ステップ; ハネガヤ.
Ano: 2005 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/81
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
Effects of plant density and nitrogen application on the yield of spring-sowing canola OAK
秋本, 正博; 北畠, 真吾.
 春播きしたナタネ品種,「キラリボシ」と「ナナシキブ」の収量に対する栽植密度と窒素施肥量の効果を調査し,十勝地方においてナタネの春播き栽培を行うための適切な栽培管理方法を模索した。栽植密度(密植:25cm 畦間と秋播き栽培の標準植:50cm 畦間)と窒素施肥(N-4.0kg/10a,N-8.0kg/10a,およびN-12.0kg/10a)を処理要素とした相互組み合わせによる6つの処理区を設置し,2009年5月7日にキラリボシとナナシキブの播種を行った。そして,収穫時に各処理区ごとに個体の形態特性と単位面積あたりの種子収量と油脂収量を計測した。キラリボシでは,個体の草丈に対する窒素施肥の効果が認められ,窒素肥料を8.0kg/10a や12.0kg/10a 施用した区で4.0kg/10a 施用した区より草丈が高くなった。その結果,窒素肥料を8.0kg/10a 以上施用した区では試験期間中に株の倒伏が生じた。両品種とも,密植した区で単位面積あたりの種子収量や油脂収量が高くなった。ナナシキブでは,密植を行った区のうち窒素肥料を4.0kg/10a 施用した区で種子収量と油脂収量が最も高くなった。十勝地方におけるナタネの春播き栽培では,秋播き栽培に比べ栽植密度を高く設定した方が高収量を期待できると考えられる。また,倒伏の回避や収量の点から窒素施肥量を8.0kg/10a より少なく抑えたほうが好ましいと考えられる。
Palavras-chave: ナタネ; 春播き; 栽植密度; 窒素施肥量.
Ano: 2011 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3108
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
Trial cultivation of Chinese artichoke (Stachys sieboldii Miq.) in Tokachi region OAK
秋本, 正博; 市川, 直子; AKIMOTO, Masahiro; ICHIKAWA, Naoko.
シソ科の塊茎作物であるチョロギ(Stachys sieboldii)の十勝地方における栽培適性を評価した。帯広畜産大学の実験圃場に 4つの試験区を作り、それぞれを本州における慣行栽培に従う「対照区」、土壌をビニルマルチで被覆する「ビニルマルチ区」、そしてリビングマルチとしてオオムギ、あるいはヘアリーベッチを混作する「オオムギ区」と「ベッチ区」とした。2012年5月31日に、チョロギの苗をそれぞれの区に移植し栽培を開始した。そして収穫後の11月に稔った塊茎の収量を試験区間で比較した。チョロギでは使用認可を得た除草剤がないため、栽培期間中の雑草との競合が問題となった。対照区とオオムギ区、ベッチ区では、栽培開始後まもなく雑草との競合が起こり、生育盛期には株が雑草で覆い尽くされてしまった。5月末からのチョロギ栽培では、リビングマルチによる雑草防除効果が期待できないことがわかる。一方、ビニルマルチ区では効果的に雑草が防除され、チョロギ株が旺盛に生育した。対照区の塊茎収量は、459.2±131.8g/㎡であった。本州における平均塊茎収量が300〜600g/㎡であることから、慣行栽培を模倣することで十勝地方においても本州並みの収量が期待できることが示された。これに対し、オオムギ区とベッチ区では塊茎収量がいずれも対照区より低かった。一方、ビニルマルチ区では、塊茎収量が1175.1±317.0g/㎡と対照区に比べ明らかに高い値となった。ビニルマルチによる雑草防除効果と地温維持効果によって収量が改善されたと考えられる。本試験から、十勝地方においてもチョロギの栽培が可能であり、多収化にはビニルマルチの利用が効果的であることが明らかとなった。
Palavras-chave: チョロギ; カバークロップ; マルチ; 塊茎収量; Chinese artichoke; Cover crop; Mulch; Tuber yield.
Ano: 2014 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3996
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
カラマツの落葉を利用した有機的雑草防除法 : 未利用の地域資源を食料生産に生かす OAK
秋本, 正博.
Palavras-chave: カラマツ; 未利用資源; 雑草防除; 有機栽培.
Ano: 2011 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2894
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
マツ科樹木の樹液の施用がトマトの生育と食味におよぼす影響 OAK
工藤, 悠; 本多, 博一; 徳橋, 和也; 秋本, 正博.
平成21年度年次講演会一般講演
Ano: 2009 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2736
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
マツ科樹木由来の有機的作物生長活性剤 : 作物を森林浴させることで生長と品質を向上させる OAK
秋本, 正博.
Palavras-chave: マツ科樹木の樹液; トマト; 糖度; 有機栽培.
Ano: 2011 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2893
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
東アジアに分布するレンゲ属植物の一般特性評価および系統分類学的研究 OAK
秋本, 正博.
Ano: 2001 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/591
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
牧草地から近縁雑草集団への遺伝子流動様式の解明 OAK
秋本, 正博; AKIMOTO, MASAHIRO.
2006年度~2008年度科学研究費補助金若手研究(B) 研究成果報告書18780201
Palavras-chave: 遺伝子流動; 草地学; 雑草; 世代更新; 自然交雑.
Ano: 2009 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2755
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
窒素施肥量および栽植密度の違いが春播きしたナタネの収量におよぼす影響 OAK
北畠, 真吾; 秋本, 正博.
平成21年度年次講演会一般講演
Ano: 2009 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/2735
Registros recuperados: 11
Primeira ... 1 ... Última
 

Empresa Brasileira de Pesquisa Agropecuária - Embrapa
Todos os direitos reservados, conforme Lei n° 9.610
Política de Privacidade
Área restrita

Embrapa
Parque Estação Biológica - PqEB s/n°
Brasília, DF - Brasil - CEP 70770-901
Fone: (61) 3448-4433 - Fax: (61) 3448-4890 / 3448-4891 SAC: https://www.embrapa.br/fale-conosco

Valid HTML 4.01 Transitional