Sabiia Seb
PortuguêsEspañolEnglish
Embrapa
        Busca avançada

Botão Atualizar


Botão Atualizar

Ordenar por: RelevânciaAutorTítuloAnoImprime registros no formato resumido
Registros recuperados: 6
Primeira ... 1 ... Última
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
Diagnosis of failure of passive transfer in seven-day-old calves based on the serum IgG and total protein concentrations OAK
新盛, 英子; 滄木, 孝弘; 石井, 三都夫; Aoki, Takahiro; ISHII, Mitsuo.
1日齢における血中免疫グロブリンG(IgG)濃度が基準値未満の場合に受動免疫移行不全(FPT)と診断されるが,子牛が肥育牧場や育成牧場に導入される1週齢前後のFPT基準値は報告されていない. 本研究は, 血清IgGおよび総タンパク質(TP)濃度の経時的変化を調べ, 7日齢の検査値を用いたFPT診断精度について検証した. ホルスタイン種(HS)43頭, 黒毛和種(JB)34頭を用いた. 1日齢と7日齢に採血を行い, 血清IgG(mg/mℓ)およびTP濃度(g/dℓ)を測定した. 1日齢と7日齢において, IgGとTPの間に強い正の相関関係が認められた. 1日齢のIgGとTPの散布図において, 近似曲線の一次方程式にFPT基準値(HS-IgG: 10.0, JB-IgG: 20.0)を代入して求めたTP濃度(HS-TP: 4.6, JB-TP: 5.3)を1日齢のFPT基準値とした. HS-IgG, HS-TPおよびJB-IgGは, 1日齢〜7日齢にかけて有意に減少した. 1日齢〜7日齢の平均変化率は, HS-IgG: 71.7%, HS-TP: 92.2%, JB-IgG: 73.8%, JB-TP: 95.4%であった. 1日齢のFPT基準値に平均変化率を乗じて7日齢のFPT基準値とした(HS-IgG: 7.2, HS-TP: 4.2, JB-IgG: 14.8, JB-TP: 5.1). 7日齢の血液検査において, FPT基準値未満であった場合を検査陽性とし, FPTの診断精度について検証した. HS-IgGの陽性的中率(PPV)は78.6%, 陰性的中率(NPV)は93.3%, HS-TPのPPVは76.5%, NPVは100.0%であった. JB-IgGのPPVは100.0%, NPVは80.0%,...
Palavras-chave: 7日齢; 子牛; 受動免疫移行不全; IgG; TP.
Ano: 2013 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3896
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
Preliminary Experiment on the Suppression of Cesium Uptake into the Organs by Bentonite Using a Stable Isotope of Cesium in Calves OAK
山田, 一孝; 山口, 敏朗; 陳, 忠正; 稲沢, 直生実; 石井, 三都夫; 佐々木, 基樹; 木田, 克弥; 岸本, 海織; 古濱, 和久; YAMADA, Kazutaka; ISHII, Mitsuo; SASAKI, Naoki; KIDA, Katsuya.
ベントナイトのセシウム体内移行抑制効果について調べた。実験には,ホルスタイン種子牛6頭を使用し,28日の実験期間中,全頭に安定同位体の塩化セシウム(3.0mg/kg/day)を人工乳に溶解し,投与した。塩化セシウムに加えベントナイト0.5w/v%を人工乳に懸濁した投与群(n=3)と塩化セシウムのみの対照群(n=3)の2群を設定した。実験開始0,1,2,3,7,14,21および28日目に採血,28日目に骨格筋,心臓,肝臓,腎臓および糞便を採材し,ICP-MS (inductively coupled plasma mass spectrometry) によるセシウム濃度を測定した。臓器中のセシウム濃度からベントナイトの効果は明らかではなかったが,血球中セシウム濃度平均値は投与後14日まで投与群が対照群よりも低値を示した。このことから,ベントナイトによるセシウム体内移行抑制効果の可能性が示唆された。
Palavras-chave: ベントナイト; 子牛; 塩化セシウム.
Ano: 2013 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3898
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
ハタケシメジ抽出物が哺乳子牛の成長および血液学的検査値に与える影響 OAK
稲沢, 直生実; 山川, 和宏; 石井, 三都夫; 李, 奇子; 室谷, 直義; 池水, 智博; 山田, 一孝; ISHII, Mitsuo; YAMADA, Kazutaka.
ハタケシメジ抽出物がホルスタイン種哺乳子牛の成長および血液学的検査値に与える影響について検討した.試験群は,ハタケシメジ抽出物投与群(雌,n=5)と対照群(雌,n=5)とし,投与群には朝晩の哺乳時にハタケシメジ抽出物(160mg)3カプセルを投与した.試験期間は,出生から8週間とした.試験期間中,投与群と対照群との間で増体に差が認められず,投与群の血液学的および血清生化学検査値は対照群と同様の変化を示した.このことから,ハタケシメジ抽出物は,哺乳子牛の健康状態,増体および血液学的値に悪影響を及ぼさないと考えられた.
Palavras-chave: 子牛; ハタケシメジ抽出物; 血液学的検査; 血清生化学検査.
Ano: 2011 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3890
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
ホルスタイン種子牛にみられた重複脊髄症の1例 OAK
千葉, 史織; 藤澤, 哲郎; 石原, 孝介; 松本, 高太郎; 山田, 一孝; 猪熊, 壽; 松井, 高峯; 古林, 与志安.
左後肢の伸張,歩様E倉腺, 左旋回運動及び頭部の震揮を呈していたホルスタイン種子牛を,臨床及び病理学的に検索 した.頭部CT検査では,特に異常が認められなかったことから脊髄異常が疑われた.病理解剖の結果,第十三胸髄部 から尾側にかけて,脊髄の重複が確認され, 重複脊髄症と診断された.重複脊髄症の報告は,本邦ではこれまで黒毛和 種牛の数例に限られていたが,今回,本邦のホルスタイン種でも発生することが明らかとなった.
Palavras-chave: 子牛; 重複脊髄症; ホルスタイン種.
Ano: 2012 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3852
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
周産期の未経産牛と新生子牛の甲状腺機能に対する硝酸塩の影響 OAK
平本, 典子; 大谷, 昌之; 田辺, 茂之; 宇塚, 雄次; 更科, 孝夫; HIRAMOTO, Noriko; OHTANI, Masayuki; TANABE, Shigeyuki; UZUKA, Yuji; SARASHINA, Takao.
Palavras-chave: 子牛; 未経産牛; 硝酸ナトリウム; T4; T3; Calf; Heifer; Sodium nitrate.
Ano: 2001 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/1249
Imagem não selecionada

Imprime registro no formato completo
胸椎椎体膿瘍により後躯麻痺を呈したホルスタイン種子牛の1症例 OAK
河野, 友美; 菊地, 智景; 鬼頭, 宗寛; 堀内, 雅之; 古林, 与志安; 山田, 一孝; 猪熊, 壽; HORIUCHI, Noriyuki; KOBAYASHI, Yoshiyasu; INOKUMA, Hisahi.
3カ月齢のホルスタイン種雌子牛が後躯麻痺、起立不能、努力性呼吸を呈した。デキサメサゾン投与により一時的に自力起立が可能になったが、後躯蹌踉は改善しなかった。神経学的検査により後肢の反射亢進が認められ、第3胸椎(T3)~第3腰椎(L3)の脊髄病変を疑った。X線検査およびCT検査によりT5‐T6の椎体変形および椎体膿瘍形成が認められたので、生前診断に至った。病理解剖により、この胸椎腫瘤は椎間円盤と椎体を侵襲し、脊椎管内に突出して脊髄を圧迫していた。また肺にも膿瘍形成が認められたが、細菌検査では細菌が分離されなかったため、椎体膿瘍、肺膿瘍の関連性は不明であった。
Palavras-chave: 子牛; X線検査; CT検査; 後躯麻痺; 椎体膿瘍.
Ano: 2016 URL: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4391
Registros recuperados: 6
Primeira ... 1 ... Última
 

Empresa Brasileira de Pesquisa Agropecuária - Embrapa
Todos os direitos reservados, conforme Lei n° 9.610
Política de Privacidade
Área restrita

Embrapa
Parque Estação Biológica - PqEB s/n°
Brasília, DF - Brasil - CEP 70770-901
Fone: (61) 3448-4433 - Fax: (61) 3448-4890 / 3448-4891 SAC: https://www.embrapa.br/fale-conosco

Valid HTML 4.01 Transitional